2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.04 (Wed)

兄ちゃんと弟のモヤモヤ

兄弟がよく似ている面もあるけれど、正反対な面もある。

嫌なことがあった時。

次男君は私と同じタイプなのだ。
嫌なことを何とかやり過ごしても、そのことが頭から離れない。
それを考えないようにするとかできない。ずっと考え続けてしまうのだ。
私の場合は「ありえなーい!!プンプン!」とか怒って
子どもに「あんたも似たようなもんじゃ」と言われて
「いやん、一緒にしないで~」とか言って終わる。

次男君は私に話してくれるんだよね。

「今日、学校でね、先生に注意されたんだけど意味が分からんかった」とか
「俺は悪くないのにそばにいたクラスメートと一緒に怒られた」とか
「俺だけ先生に呼び出されて『どう思う?』と意見を聞かれた意味が分からん」とか

そういう時は、「ふむ、ふむ、ふむ」と聞きつつ、
「で、お前はどう答えたの?」とか「どんな気持ちになった?」とか聞いてから
状況を整理して、俺の気持ちや先生の意図(私の想像だけど)を
図解して解説してやるようにしている。
いっこ、いっこ、モヤモヤを残さずに済んでるんだと思う。

それが積み重なって残ってると思うんよね。
過去の出来事を思い出して
これはこの前の同じパターンやな、とか
自分にはわからんけど事情があるんやな、とか
そんな感じでモヤモヤせずに受け流せるようになってきたと思う。


兄ちゃんは、何とかやり過ごして、そのことを考えないようにする。
頭の中から追い出して、萌え萌えキャラや宇宙人と脳内交信するらしい。
そうこうしているうちに、何があったのか忘れてしまう。
だけど、いやな事に対するモヤモヤは残ったままで、
何でモヤモヤしているのかもわからなくなってしまう。
そんな、モヤモヤが蓄積して重い荷物になってしまうんだろうなぁ。

うーん、こいつは厄介だと思う。
何とか整理できるように手助けしてやりたくても
「覚えてない」とか「よくわからん」とかいう感じで話ができない。

うーん。自分で解決できるようになるまで、手出しをしない方がいいのだろうか。
でも、兄ちゃんは自分ルールでの理解とと自分流解釈が得意なんだよね。
これが一般的なものと違う方向に行ってしまうからなぁ。

さて、どうするかな。
作戦を練るのは楽しいと思う。
早く一人前になって出て行ってくれる日のためにwww



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
12:28  |  我が家の兄弟  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.21 (Mon)

お友達プレッシャー

友達プレッシャーってない方が良いのでしょうね。

私は「みんなと仲良くできて、お友達がたくさんいる方が良い」と
子どものころから思い込んでいました。

発達障害のことがわかってから、
そうじゃなかったんだと思いました。

だから2人の子供に言いました。

「お友達がたくさんいてもいいし、少なくてもいいよ、
ぜんぜんいなくてもOKなんだよ」

「小学校でお友達になった人が一生涯の友達になることは滅多にないんだ」

「本当の友達に出会えるのは大人になってからかもしれないよ」

「いつか本当のお友達と出会えた時のために、
人付き合いの練習はしておいてもいいかもね」


小学校の間にがんばってお友達を作ろうとしなくてもいいんだよ、
そんなメッセージを伝えていました。


今、うちの兄弟にはそれなりに気の合うお友達ができています。
たくさんではないけれど、
時々、一緒に映画に行ったり、おたくショップに出かけたり、
なんとなく居心地のいいお友達。

うちの兄弟が口を揃えて言ってくれます。

「無理にお友達を作らなくてもいいんだよって
そういうふうに教えてもらったらすごく気持ちが楽になった」

プレッシャーをかけなくて
良かったんだなーって思います。

団体競技のスポーツチームとか、
いろいろな習い事があるけれど、
無理に集団の中に入れて友だち付き合いを
習得させようとしてしんどい目に合わせなくて良かったんだなって。


いろんな面で発達したことも関係していると思います。
週に一回の感覚統合のデイサービスで体が楽になったことも
通級指導教室でいろいろな個別の指導を受けたことも
療育のソーシャルスキルトレーニングも
子供たちを発達させてくれたと思います。

そういえば通級の先生も
体つくり視点の指導を取り入れておられます。


やっぱり、体つくりとか感覚統合とか
すごーく良いんだろうと思います。


私の個人的な考えですけど、
人付き合いの力は5歳遅れくらいで
ゆっくり発達するんじゃないかと。

焦らせず、口を出しすぎす、見放さず、
困った時はいつでも相談に乗るよ、
そういう姿勢でやっていきたいなぁと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村













16:20  |  我が家の兄弟  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.16 (Wed)

よい姿勢のために!

先日、とても良いものを入手できたのでご紹介いたします。

我が家の兄ちゃんは小さい時から体がグニャグニャしてました。
低緊張っていうのかな。
イスに座っているだけでも難しい子でした。
小学校低学年の頃は電車にのイスからも
ズルズルとすべって落ちそうになっていました。

そんな兄ちゃんですが、この頃はずいぶんたくましくなってきました。
腹筋もできるようになったし、そこそこ走れるようにもなりました。
それに乗り物酔いもしなくなりました。
チョー苦手だった体育が普通の苦手になったそうです(笑)

しかし、やっぱり姿勢の保持は難しい様子でした。

うちの兄弟が通っている感覚統合中心のデイサービスの
先生(作業療法士の先生です)にいろいろアドバイスを頂きました。

兄ちゃん、瞬間的な筋力はあるのだけど、持久力が弱いとのこと。
姿勢の保持には持久力が大事、
姿勢の保持が勉強の基本にもなるとのことでした。

そして教えてもらったのが Pinto ピントです。
デイサービスの先生は、低緊張の兄ちゃんが
楽に正しい姿勢を保持できる良いグッズだとのことでした。

先日、さっそく兄ちゃんとロフトに出かけました。
いろんな色があるのですがロフトでは4色しか扱ってなかったです。
兄ちゃんは明るい色が好きなのでオレンジを購入しました。

公式サイトはこちら←からどぞ!!

アマゾンでも購入できるようです。


軽いクッションですから持ち運びもらくらくです。
ただ、単独では使えないんです。
背もたれのあるイスやソファーにおいて使います。

まだ、購入してから数日ですが、とても良さそうです。
机に向かうお兄ちゃんの背中がピンと伸びてます。
食事の時はダイニングのイスで使ってます。
ここでも背中がピンと伸びってます。
「テーブルにひじをつくな!!」と注意しなくてもよくなりました。

ピントって名前は背中がピンと伸びるからなんですね。

それから、兄ちゃんがハマっているipadのゲームの成績が上がりました。
姿勢が良くなるとゲームも上手くなる。
おおおお、それなら学校の成績も上がるかも!!!と期待したりしてます。

ピントの効果なのかどうか不明ですが、、、
運動が大嫌いだった兄ちゃんが、情報科学部から卓球部に転部しました。
新しい世界に飛び込んでみたくなったそうです。


兄ちゃんにはバッチリだったピントですが、
弟くんには、ちょっとサイズが合わなかったみたいです。
弟くんの体型だと子ども向けのp!nto kidsだと大丈夫だったのかもです。
残念ながら、ロフトでは扱っていませんでした。



弟くんはピントと一緒においてあったバックジョイを購入しました。
公式サイトはこちらからどうぞ。

バックジョイは、てこの原理で腰をサポートしてくれるそうです。
弟くんは床であぐらをかいて座れるバックジョイが気に入ってます。
弟くんがいない時は私も使わせてもらってます。

こちらもアマゾンで購入できますよ。




これから2人にどんな変化があるか、とても楽しみです。
というか、兄ちゃんにはすでに変化を感じてます。
体ってほんとうに大事なんですよね。

2人が作業療法を受けるようになって、
感覚統合のデイサービスに通えるようになって、
うちの兄弟はすごく発達しました。
体だけじゃなくて心も成長したように思います。

体つくりってほんとうに大事です。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村






23:06  |  我が家の兄弟  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.18 (Sat)

お友だちプレッシャー

連休も終わり、夏のように暑い日が続いています。
みなさん、お変わりありませんか?

この陽気のせいか鼻血を出したチュン太を

「萌え萌えズキューン!!鼻血がブー!!」

とからかいチュン太にどつかれた母であります(^^;;

青春ピチピチ~♫な青少年は、実にからかいがいがあります!!


チュン太は中学校生活を、それなりに楽しんでいるようです。
地元の学校と違って、お友だちが1人もいない中学。
大丈夫だろうか?と心配していましたが、
自分と似たタイプのお友だちとオタクなお付き合いをしているみたいです。



対人不安が大きく、人付き合いが苦手だったチュン太です。
びんちゃんは、チュン太とはちょっと違うタイプですが、
2人とも共通の思い込みがありました。


お友だちがたくさんいるのが良い子!!
だれとでも仲良くしなきゃいけない!!
お友だちをたくさん作らなければ!!



そういう思い込みのプレッシャーを背負って、
小学校生活はとても苦しそうでした。




友だちはいてもいいし、いなくてもいいんだよ。
友だちは多くてもいいし、少なくてもいいんだよ。
本当の友だちに出会えるのは小学生時代とは限らないよ。
苦手な子に無理に話しかけなくてもいいよ。
でも、無視はしないでね。
話しかけられたら返事はしようね。
仲良しでなくても、同じクラスなら挨拶しようね。
クラスが変わっても、話しかけられたら返事しようね。
今は「頑張って友だちを作らなきゃ!」と思わなくても大丈夫。
いつか、出会える本当の友だちはと
良い関係を作れるように練習してると思っていいよ。
人付き合いにも練習が必要なんだよね。
大丈夫、大丈夫、少しずつ出来るようになるよ。
それから、一人の時間を楽しめるようになるのも大切なんだよ。



おりにふれて、そんな話をしてきました。

お友だち付き合いが上手くなるように、と働きかけるより、
お友だちプレッシャーを取り除くことを重視してました。


我が家の場合はこれで良かったんだな、と思います。

先に知識やスキルを身につけて、それから人との関わりを持つ、
そういう方法もアリかもされません。



私は人見知りが激しくて
「この子は人見知りばかりして、つまらん子だ」と言われてました。
そのせいか、だれとでも仲良くなれなきゃいけない!
そんな思い込みでがんじがらめになってました。

そんな経験から、
子どもにはプレッシャーをかけないようにしよう、と思いました。


人生半分過ぎて振り返ると、
どんな経験でも良い方に役にたつんですね(笑)


我が家の兄弟、これから青春。
楽しみです!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
10:32  |  我が家の兄弟  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.16 (Thu)

宿題の経過

毎日、暑い日が続いてます。
ちょっと元気だったわたくしですが、
五輪の体操男子が終わったころから下降線。
そんな状態で何とか生活しております(笑)

母は不調でありますが

兄弟2人が宿題の

計算ドリル
漢字ドリル
夏休み帳

終わりました~!!
途中で前倒し計画変更を加えて予定より早く終わりました!!

今年は6年生より5年生の方が宿題が多くて
計算ドリルなどは一日1ページでは追いつかないほど(苦笑)
びんちゃんには不良債権もあったので
一日の量が本当に多くて大変だったと思います。
よく頑張ったなぁと思います。←親バカです……

あとは工作などの作品つくりです。
ゆとりを持って作品にも取り組めるかな。



二人とも綿密に具体的な計画を立てたのが良かったのでしょう。


ここまで夏休みのお楽しみなし!!でやってきたので
明日は『アベンジャーズ』を観にいってきます。



我が家の二人は具体的にいつ何をやるのか
詳細な計画があれば、長期の休みでも大丈夫だとわかりました。
このことは、これから先にも役に立つと思います。
それから、後から書き直しができる鉛筆の方が良いみたいでした。

この経験を活かして冬休みもがんばれよん!!と思う母なのでした。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:03  |  我が家の兄弟  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。