2010年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.29 (Wed)

ビンちゃん、再び不登校

ビンちゃんの不登校再開から2週間が経ちました。

7月から登校し始めたビンちゃんは…
まるで何事もなかったかのように普通にしていました。
でも、心の中ではいろんな葛藤があったようです。

ビンちゃんの担任の先生は
「お母さんに心配をかけるようなことを
 してはいけないよ!」
毎日、毎日、ビンちゃんに声をかけていたそうです。

ビンちゃんはそれを言われるたびに

学校でしんどいことがあっても
お母さんに言ってはいけないんだ。
ぼくはしんどくても我慢して
学校へ行かなくてはいけないんだ。


と思ってしまったのです。
だから、限界がくるまで何も言いませんでした。

むしろ「無理せず、お母さんになんでも相談するんだよ」と
そういう声掛けをしてほしかったと思います。
ビンちゃんがひたすら我慢するタイプだと先生に
わかってもらえてなかったのだと思います。




まだ、、、私もビンちゃんも気持ちの整理が
できてないので、詳しいこと書くのは控えます。
正直なところ、、、やっぱり腹が立つんです。
(私もまだまだ修行中の身なのです…)

発達障害に対して無知で無理解な先生が熱心に
一生懸命ビンちゃんへ配慮をしてくれても、
熱意の押し付けで何の支援にもなっていませんでした。
先生のやることなすことすべてが、
「いやがらせ?」と被害妄想的に感じてしまいます。

怒りの感情に任せて書きなぐると
後から自己嫌悪で立ち直れなくなってしまいます。
そんなわけで、詳しいことは
もう少し気持ちの整理がついてから書きます。



でも、一つだけ書きます。

道徳的で情に向かって語りかける言葉の理解は
ビンちゃんが最も苦手とするところです。
ビンちゃんはロジカル思考タイプなので
情に訴える系の会話が理解できないのです。

そういう部分が学校側(前校長)に
まったく理解されておらず
一般的な不登校対応を得意とする
人情派の先生を担任にされたのかもしれません。

一般的な不登校と発達障害のある児童の不登校は
対応がまったく異なる。


療育の専門家の方たちは認識されているのですが
それが学校現場に伝わってないのが歯がゆいです。
私はこのイライラを教育委員会の先生に
思い切りぶつけてしまいました。
大人げなく泣きながら、わめき散らしてしまいました。

その反省もあって…怒りの感情に任せて
ブログに書きなぐるのは控えようと考えたのです。


ちなみにビンちゃん好みのロジカル会話。
転職サイト@typeさんの
サイトから引用させていただきます。
掲載されていたのは こちら


ここから引用

■ロジカル会話術 【基本の7カ条】

01. 結論から先に話す

02. 結論に至る筋道が明確である

03. 一つひとつの話が端的にまとまっており、短い

04. 話す内容が具体的でリアルである

05. 数字やデータなどの客観的な事実に基づいた根拠がある

06. 流行りのカタカナ用語など意味の不明瞭な言葉を多用しない

07. 相手の質問の意図を適確に理解し本質を突いた回答をする

引用ここまで


これって、抽象的な表現の理解が難しく
話の要点がつかみにい苦手があるけど
理屈が通っていたら納得し、納得したら修得できる、
理屈好きのアスペルガーくんには有効な話し方だと思います。







でも…こういう話し方だと
嘘でも信じてしまう危険性があるかもしれない。




なんだか話がそれてしまいましたが…
とりあえず、ビンちゃんは不登校再び状態になりました。
しかし、他校通級で通っている通級指導教室は休んでいません。
今回は通級の先生からアドバイスを頂けるのでありがたいです。

焦らずじっくりビンちゃんの成長を見守りたいと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

23:23  |  弟くんの事  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。