2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.12.12 (Sat)

音とめまい

にぎやかな場所が苦手なチュン太に検査もれがあった。
音でめまいを起こす事があるらしい。

ビンちゃんのMRIに付き添ってヘロヘロになった私も
ついでに検査してもらえる事になったので…。
昨日、再び遠方の総合病院へ行った。


検査の結果…親子そろって…はい…

チュン太は40dBでアウト
特に左耳がよろしくないそうで…
(ちなみに私は70dB)

二人とも日常的に耳栓をした方がいいとのこと。

チュン太にとって学校は本当につらい場所だった。
帰宅後すぐに学校へ連絡して結果を伝え
耳栓を使用するにあたって配慮をお願いした。

今日、チュン太の担任がクラスのお友達に
耳栓を使う事を説明してくれた。
「なんで耳栓してるん?としつこく聞かないように!」
そういう事まできちんと先生が話してくれたおかげで
チュン太は安心して耳栓を使えたそうだ。
今日は少し疲労感が軽かったように見えた。





何年も前だけど、映画『亡国のイージス』を観に行って
震えが止まらなくなったのも…音のせいだったのね(^_^;)


チュン太が小さいころに仮面ライダーショーに行って
ゲロゲロ…吐いてしまったのも…音のせいだったのだ…

今のところ治療法はないとのこと。
それでも原因がわかるとスッキリした。
私も外出のたびに疲れ果ててしまう原因の1つが
音だとわかって、少し気が楽になった。
耳栓の効果がどのくらいあるのか…今後のお楽しみ。








スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

00:39  |  兄ちゃんの事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

チュン太君、今まで良く頑張っていましたね。
本当は辛かったでしょうに…

家の次男も音過敏があるので、耳栓して学校に行ってますよ。
やはり親としては耳栓していることでからかわれたりしないかが一番の気がかりですよね。
私も先生にそこはしつこいほどにお願いをしました。

耳栓効果は結構あると思います。
授業も集中して聞けるようになったし、本人もイライラしなくて済むし。

チュン太君もこれで少しは楽になると良いですね。
エンジェルキャッチ |  2009.12.12(土) 09:00 | URL |  【編集】

●Re: タイトルなし

エンジェルキャッチさん

コメントありがとうデス!

> チュン太君、今まで良く頑張っていましたね。
> 本当は辛かったでしょうに…

今まで、よく耐えていたなって思います。
これからは、楽になれると思います。
担任の先生も、よくしてくださるので感謝です。

絢未 |  2009.12.12(土) 22:35 | URL |  【編集】

私も感覚過敏があるみたいです。カラオケ行ったらふらふらになって、翌日も調子が悪かったです。
たぶん小さいころからあったと思うけど、我慢が足りないとかそういうことだけで先延ばしされていたと思います。
一部の感覚過敏については能力として使っている部分もありますが、消耗も速いのであまりやりたくないです。

耳栓についての配慮はかなり見落としやすい部分だと思います。音に対しての対策をしたのに、それが原因で苦しむことになる。そこまで手が回ればかなりのものだと思います。

最後まで経過を見ないとどうかはわからないけど、とりあえずはよかったね。
あき |  2009.12.14(月) 22:17 | URL |  【編集】

●Re: タイトルなし

あきさん

ありがとう。

耳栓もいろいろ種類があって、遮音性が良すぎると
先生の声とか聞きとれないみたいです。
チュン太は水泳用の耳栓がちょうどいいそうです。

私もカラオケに行くとフラフラ、頭痛ガンガン…
ひどい時は2~3日、調子が悪いですよ~
原因は音だったのだなって納得です。
フラフラ・ガンガンになるのわかっていても
無性にカラオケに行きたい時があるんですよ。
今度は耳栓持参でチャレンジしてみようかな。

自分と上手く付き合えるようになりたいですね。
絢未 |  2009.12.15(火) 21:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/108-495d8af9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |