2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.26 (Sun)

障害とよばれるもの

世間で「障害」と呼ばれるものを
持って生まれてきた者は…
後天的にでも「障害」と呼ばれるものを
抱えて生きていかなければならなくなった人達も…

その「障害」と呼ばれるものに、
何かしらの価値観を見出そうとするのではないだろうか。
「障害」と呼ばれるものを受け入れざるを得ない者は
そうする事で「自分の存在価値」を認められる事が出来るのだと思う。
「障害」と呼ばれるものに何の価値も見出せなければ
それと共に生きる事を、受け入れる事など出来る訳がないと思う。

「受け入れ難い現実を、どうして受け入れられたのか?」
答えは簡単だ。
現実を受け入れなければ、生きていけないくらいに
切羽詰って…追い詰められていたからだ。



私は、ずっと「まっとうな普通」になるために努力をした。
最も向かない職業に、何度もチャレンジして挫折した。
苦手な事を克服する事が人生の目標になっていた。
それは、私自身をかなり消耗させてしまったけれど…
全くのムダだったとも思わないようになった。
その努力で多数派の流儀を少なからず学ぶ事が出来た。
そして、その経験は息子達を遠回りをさせない為に役立つと思う。

アスペルガーの感性・感覚・物事の捉え方・思考…
それは、持って生まれたものだから
一生、持ち続けることが出来る。
だから、息子達の頭の中で何が起きているのか
本能的にわかってしまう。
そこから、どういう筋道で話をすれば理解出来るかも
深く考えなくてもわかる。

ずいぶん苦労はしたけれど
アスペルガーの兄弟を育てるにあたっては
自分が「アスペルガーで良かった」と思う。





スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

00:00  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/11-cb9ae71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。