2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.17 (Mon)

暴れん坊将軍はSOSかもしれない

うちの兄弟、おかげさまで落ち着いてます。
まぁ、こまごました事はありますけどね。

でもこの二人、とっても大変な時がありました。
わが子たちは、保育園や学校で目立ちませんでした。
先生から問題行動を指摘された事がないです。
ビンちゃんは不登校中ですが…
学校の先生から問題行動を指摘された事がないんです。

だから、家ですごい暴力を振っるったり
暴言を吐いて物を壊したり
かんしゃくを起こして、延々と泣き続けたりするって
話しても先生は「信じられない」と言ってました。

保育園の頃、診断を受けてすぐの事です。
チュン太は、家で大暴れしてました。
ビンちゃんをボコボコにしてました。
兄弟げんかと見過ごせないくらいにひどかったのです。
私が止めに入ると、かみついたり、引っかいたり
頭突き、パンチ、キック、嵐のようでした。
お腹に思い切り蹴りが入った時には、ノックダウンでした。
(私は身長が150未満のちびっこ体型で筋力なしの軟弱者)

そんな暴れん坊だったチュン太が言いました。

「お母さんに、オレの気持ちなんかわかるもんか!!!」

私は、胸の中をえぐられたように苦しくなりました。
この時のチュン太は、まだ5歳でした。
たった5歳の子どもが言うセリフじゃないです。
この子は、どんな思いをしてるんだろうって思いました。

「ごめん、ちゃんとわかってあげれてなくてごめん
 つらい思いをわかってなかったんだね、ごめんね」

私が泣いてしまいうと、チュン太は叫びました。

「うわ~出ていけ!!!出ていけ!!!」

しばらくチュン太は子供部屋で泣いてました。



それから、なぜかピタリとチュン太の暴力が止まりました。

チュン太は保育園ですごく困っていたようです。
保育園がつらくてつらくて、
その事を全然わかってやれてなかったです。
家でもチュン太にわかる方法で接してなかったですから、
きっと、ホッとできる場所がなかったのでしょう。

少しずつ、この子に合った工夫を増やしていきました。
その後も、色んな事があったけど
まず、チュン太の言い分を聞くように心がけました。
イエス、バットの会話、私はこう思うよっていうIメッセージ
そういう些細な事、すごく効果があると思います。



もちろん、たまには私も爆発する事がありましたが…




自分をわかってくれる人がいる
そういう安心感が子どもには必要なのだろうなと思います。

誰もわかってくれない
そういう不安が子供を暴れん坊将軍にしてしまう気がします。


チュン太の学校にいる暴れん坊将軍のお友達。
きっと、心の中につらい思いをいっぱい抱えて
どうしようもないのだと思います。
でも、赤の他人の私には手出しができません。
無責任に手出しをしてもいけないようにも思えます。



長くなったので、ビンちゃんの事は次回に。








スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:30  |  我が家の兄弟  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

表現はよくないかもしれませんが、悪い選択をしなかった絢未さんに敬意を表します。
それほどにすごいことをしてくれています。

私は表現することを暴力で封じられました。忘れてしまう人もいます。私はそのころのことでもしっかり覚えています。子どもだからとなめてかからずに、辛いことと向き合ったのは将来に前向きに働きます。

求めなければいけないのは社会的な評価ではなく、生きていてよかったと思える結果。

いい仕事してる。それしか言ってあげられない。
あき |  2010.05.17(月) 23:18 | URL |  【編集】

>自分をわかってくれる人がいる
そういう安心感が子どもには必要なのだろうなと思います。

>誰もわかってくれない
そういう不安が子供を暴れん坊将軍にしてしまう気がします。

その通りだと思います。
うちの次男を見ていてそう思います。
中学校の時の次男と今の次男と全く別人のようです。
 
人は問題行動そのものしか見ようとしません。
チュン太君のお友達も本当は苦しくてたまらないのかも知れませんね。
助けて、誰か分かってって言うsosを周りの大人が受け取ってあげて欲しいですね。
エンジェルキャッチ |  2010.05.19(水) 00:18 | URL |  【編集】

●あきさん

あきさん

お久しぶりですね!

> 子どもだからとなめてかからずに、辛いことと向き合ったのは将来に前向きに働きます。

子どもだって子供なりに考えてますよね。
私ね、子どもの頃の記憶はすごく鮮明です。
(でも10代後半から30代の半ばくらいまでの記憶は、
 抜けたり飛んだり前後したりで、混乱してます)

子どもだからって、適当にごまかしちゃいけないって思えます。
私も、まっすぐ向き合ってくれる人が欲しかったからね。

日々の出来事が過去の記憶とかぶって
感情を揺さぶられる事もあるけれど…
色んなつらい経験があるから、今の私なんだって
そういう風に、やっと思えるようになりました。
人生半分…終わってますけど(^_^;)
絢未 |  2010.05.19(水) 19:57 | URL |  【編集】

●エンジェルキャッチさん

> その通りだと思います。
> うちの次男を見ていてそう思います。
> 中学校の時の次男と今の次男と全く別人のようです。

次男さん、順調そうで良かったです。
 
> 人は問題行動そのものしか見ようとしません。

そう、表面的な問題行動だけを大問題にして
その裏側の心の痛みや叫びを見ようとしませんね。
大人が歩み寄ってあげて欲しいです。
絢未 |  2010.05.19(水) 20:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/137-1e620609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。