2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.22 (Tue)

子どもたちのSST

我が家の兄弟、月1回ですがSSTの教室に通っています。

ビンちゃんの不登校をきっかけに
お世話になる医療機関を変えました。
かなり遠方ですが、色々と思うところがあり
転院する事にしました。


チュン太もビンちゃんも、その教室を楽しみにしています。
ゲームやクイズ形式で、お勉強という感じではないです。
でも、自分の気持ちの伝え方や、できない事の断り方を
具体的に学ばせてもらってます。
わずか月に1回のSSTですが、
学んだ事を吸収して成長しているのがわかります。


以前の主治医は、
「週に1回とか月に1回のSSTで
 ソーシャルスキルが身につくわけがない。
 日常生活の中で学ぶものだ」
このような事を、言われていました。
だから、●●市の療育センターに
SSTの教室を増やしても意味がないとも言われました。


でも、わが子の様子を見ていると
たった月に1回でも効果があるように思います。
この子たちには、まず知識が必要なのだと実感します。


「こんな時どうするの?」

そんな不安や自信のなさは

「こんな時にはこうしよう!」

そういう対処方法を知ることで軽減できると思います。
「こうすれば大丈夫」の知識が子どもに意欲を与えます。




ちなみにビンちゃんは納得しないと動かないので
なぜSSTが必要なのか、通う前に話しておきました。


「キミはブロックが得意で
 ユニークなアイディアで工作も得意。
 楽しいジョークや親父ギャグも面白いし、
 小さい子や女の子には優しいし、
 いいところがいっぱいあるんだよ。
 でもね…今のキミの態度やものの言い方のままで
 大きくなってしまうとね…
 キミのいいところをわかってもらう
 チャンスが減ってしまうと思うんだよね。
 それは、すごく残念な事だと思うから、
 周りの人を不愉快にさせない態度や話し方を
 お勉強した方がいいと思うんだよ。
 その方が、キミにとって得だと思うんだけど
 そういう、勉強をしてみないかな?」


なんか…最後は損か得かで迫ってしまったのですが…
このままじゃ人に嫌われるよ…みたいなマイナスの言い方は
意欲を削いでしまうような気がしたし、
自分のプラスになる事なんだよ、と伝えたかったのです。


今のビンちゃんは
「◎◎教室は、オレには必要だよ!!」と言ってます。

自分と周囲とのギャップから起こる問題、
「違い」を知っておけば避けられる事も多いと思います。

どうして、自分が嫌われるのかわからない…
そんな思いを子どもたちにさせたくありません。

小さな事の積み重ね、少しずつ成長して欲しいです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

16:36  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/148-943e492e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。