2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.25 (Fri)

学校へ行きたい

ビンちゃんの不登校記録更新中です。

毎週水曜日、通級指導教室へ通えることになりました。

月曜日は担任の先生の家庭訪問があります。
木曜日は担任の先生からお手紙が届きます。

週に2~3回はデイサービスに通ってます。

そんなビンちゃんですが…
少しずつ学校へ気持ちが向いてきたようです。

7月に3年生の校外学習があると知り、
ボソボソと独り言のように言いました。

「校外学習へ行きたい、学校へ行ってみようかな…」


これには、私の方が戸惑ってしまいました…
教育委員会の先生に
「学校へ行きたくない」状態への対応でやってきたのだけど
「学校へ行きたい」と言われたら…
どうしていいのかわかんないんです、と相談のお電話。

学校へ行けない不安、マイナス面の軽減
学校へ行きたい意欲、プラス面の強化
言語化と視覚化(言葉で紙に書く)で確認しながら整理
学校側に過大な期待を持たないようにお願いする
(強い登校刺激にならないために)

このようなアドバイスを頂きました。


昨年9月に不登校になり「ふれあい」へ通っていたのですが
その「ふれあい」が大きな壁になってます。
完全不登校のきっかけはビンちゃんの独り言。
あまり詳しくないですがこちらです。

この時、パニックを起こしたビンちゃんの
対応をしてくれたのが、現在の校長先生です。
ビンちゃんは、その時の事をひとまとめにして
封印してしまいました。
だから、校長先生に会うのもイヤがってました。

でも、私から見ると本当に校長先生が大嫌いじゃなくて
好きだったから、憎さ百倍になっているようでした。

さて、学校へ行くとなると校長先生がネックです。
この校長先生は特別な用事がない限り
毎朝、校門に立って子どもたちに声をかけてます。

ビンちゃんは、校長先生に会った時に
どうふるまっていいのかわからないようでした。
挨拶だけしとけばいいのに…
どんな顔でどんな声でどんな風に挨拶したらいいの?
そんな不安でいっぱいになっていました。

そこで、校長先生にお願いをして
学校でも家でもない場所で会ってもらいました。

校長先生に会うまでのビンちゃんを見てると…
先生から、まったく学校へ誘われないと
「先生はオレに学校へ来て欲しいと思ってないんだ」
こんな誤解をするような…イヤな予感がしました。

ビンちゃんにはお母さんの勝手な判断で
「学校へ誘うような事を言わないで」と先生にお願いした、
だけど、先生は学校へ来て欲しいと思ってくれているから
ビンちゃんから学校の話をしたり相談したりすると
先生はちゃんと答えてくれるから、と話しておきました。

校長先生とは約三カ月ぶりの再会でした。
ムチャクチャ緊張のビンちゃんでしたが…

校長先生も緊張されているような気がしました。

「元気だった?」「うん…」

始まりは別れた恋人同士のような会話でした(笑)

世間話みたいな会話でほぐれてきたところで
「校外学習に行きたい」と思ってる事をお伝えしました。
それからビンちゃんが不安に感じてる事もお話しした。

例えば
「ふれあい」の先生に校内で出会った時にどうしたらいいのか?
クラスの子どもたちに「どうして来なかったの?」と聞かれた時にどう答えたらいいのか?

ビンちゃんの不安を減らせるように考えてます。
とりあえず、ビンちゃんの希望を優先に
校外学習に向けて準備できたらいいなと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村



追記


私ってば…教育委員会の先生に
「学校への相談の仕方」を相談したりしてます。
もしかして、けっこう面倒くさいヤツと思われてるかもしれないです。
でも社会性やコミュニケーションにハンデのある身ゆえ
学校と上手く付き合えるように力添え頂きたいと思います。
てな訳で、また相談すると思いますのでヨロシクです。


教育委員会って一人一人の先生は、良い人ばかりなのに
組織になると、ムチャクチャ冷たくなるのが悲しい。
これが日本の社会なのかな~
スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

16:17  |  弟くんの事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●いい感じですね

絢未さんの対応、すてきですね。

ちゃんと準備してはる。

校長先生も協力してくれはってるし。

もちろんビンちゃんが今後も学校を選んでくれるかどうかはまだわからないにしても。「行きたい」と思えるところに「行けたら」いいですよね(ニコ)
kingstone |  2010.06.25(金) 17:17 | URL |  【編集】

ビンちゃんが学校に行きたいって思えるようになったのは進歩ですね。

絢未さんの対応が間違っていなかったということです。
いつもお子さんの気持ちに寄り添って…
学ぶところが沢山あります。

教育委員会…
同感です。
本来学校と家庭との中間にいなければならない中立の立場なはずなのに、学校よりかも…
絢未さんのやっていることは間違いではないですよ。
いいお母さんですね。
エンジェルキャッチ |  2010.06.26(土) 10:29 | URL |  【編集】

●kingstoneさん

コメント、ありがとうデス。

私、ものすごい親バカだと思います。
子どもが意欲を出した時には応援してやりたいです。
今回、もし学校へ復帰できてもできなくても、
また、次のステップがあると思います。

学校とは暗礁に乗り上げた事もあったのですが
教委が間に入って潤滑油になってくれました。

いろいろあるけど、必ず応援してくれる人がいるんです。
だから、すごく感謝してます。

絢未 |  2010.06.27(日) 17:11 | URL |  【編集】

●エンジェルキャッチさん

いつも、コメントありがとう。

断固拒否から「行きたい」と思えるようになったのは
ビンちゃんの成長だと思えます。
ずいぶん、自己肯定感というか自尊感情が回復してます。

教育委員会ね、ホント一人一人はいい人なんですよ。
でも、親の会とかで要望を出したりすると…
ドライアイス級に冷たいですね(苦笑)
絢未 |  2010.06.27(日) 17:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/150-7d159652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。