2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.08.08 (Sun)

むずむずとお薬(2)

まず、私たち家族の『むずむず』について。

身体の内側がかゆいような、
でも、どこがかゆいのかわからない。
かいてもかいてもかゆいところに刺激が届かない。
とにかく、身体のどこかを動かしたくなる。
こうなると文字を書いたり読んだりする事が難しい。
我慢する方法は、どこかをつねったりして痛くする、
床に大の字になって寝ころぶなど…
無理やり字を書き続けたりすると、作業を終えた時は
息切れするほど疲れてしまう。

この、とっても不快な感覚を『むずむず』とよんでいる。



ビンちゃんがストラテラを飲み始めて半年。
眠気はなくなり食欲ももとに戻った。
SSTの教室やデイサービス、
それから通級に通えるようになって
自信を取り戻したのか、学校へ復帰した。

ビンちゃんの学校復帰後に気が付いた。
チュン太の上履きがボロボロになっている事に。

青いラインの部分がはがれて
真ん中あたりに、妙な折り癖が付いていた。
手悪さをしたら先生に注意されるので
机の下で足わるさをしていたようだ。

昨年の秋に受けた
fMRI(課題をこなしながら受けるMRI)の検査結果
もう一度、見直してみた。その所見には

「文字を書いたり、話をしたりする時に、
 動作に直接関係のない手足が
 勝手に動いてしまうような反応がある」
と書かれていた。

そういえば、チュン太は私としゃべる時に
手を無意味に動かしているし、
宿題をする時も足をブラブラさせたり、
何かしら、身体を動かしている。

これって、もしかして『むずむず』じゃないのか?

そう思って「むずむずするんじゃないの?」と尋ねるが
「別に、そんな事ない」と言っていたチュン太。
ビンちゃんが『むずむず』について詳しく説明すると

「あっ、そんな感じなら、毎日あるよ~」

生まれた時から、自分の身体の感覚しか経験してないのだ。
だから、『むずむず』するのが自分にとっては普通で
当たり前の状態なら、改めて聞かれてもピンとこない。
私だって、数年前まで気が付かなかったのだ。
他の人は日常的に『むずむず』してないらしい事に。

夏休みに入って主治医の先生に相談しチュン太も
ストラテラを試してみる事になった。


2週間ずつ様子を見ながら増量される。
今のところ、チュン太には全く副作用がでてない。
効果も、いまいちわかりにくい。
チュン太ははっきり自覚がないようだ。


夏休みが終わってから、学校での生活が始まると
服用前と後の違いが、もう少しわかるかもしれない。

何となくだが…
勉強中に足をゴソゴソしなくなったように見える。

つづく




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
ランキング参加してます。
クリックで応援してね!









スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

13:54  |  我が家の兄弟  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

『むずむず』かぁ~
次男にも聞いてみようかなぁ~
もしかしたら人に手が出てしまうのもウロウロと家の中を歩き回るのもこの『むずむず』感があるのかもしれないなぁ~
でも、自分がこの『むずむず』感がどんなものなのか分からないから、次男に上手く説明できるかなぁ~
皆当事者はこの微妙な違和感を理解できないんでしょうね。
エンジェルキャッチ |  2010.08.09(月) 13:13 | URL |  【編集】

●エンジェルキャッチさん

生まれた時からずっとある感覚なら
本人は違和感を感じないかもしれないですね。
次男さんにも『むずむず』があるのかな?
上手く、次男さんの感覚を聞いてあげれるといいですね。

チュン太は「体の内側がかゆくて掻けない感じ」と
ビンちゃんから説明されてわかったみたいです。

最近、兄弟ゲンカが減って仲良しなんですよ~
『むずむず』から『イライラ』でケンカしてたのかも…

絢未 |  2010.08.10(火) 08:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/163-5e30e39c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |