2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.24 (Tue)

苦手に隠される才能があるかも?

チュン太の宿題、おしりに火がついてるはずだが…
当の本人はどうも…イマイチ…自覚がない。
チョット、目を離すと長々と休憩タイムを満喫。

計画を一緒に立てて終わった宿題は、
消していくようにチェックシートも作った。

あとは自己責任でやってくれ!!
(この辺は、かなりシビアで冷たい母なのだ)


そんなチュン太が何とか仕上げた宿題は作文。
夏休みはいろいろなコンクールがあって
絵でも工作でも作文でも読書感想文でもいいから
応募作品を2点以上提出することになっている。


チュン太はかなりきついディスレクシアを併せ持つ。
文字を書くことがとても難しい。

誤字、脱字だらけの作文を読んで気がついた。

文字を書く能力と
文章を書く能力は
全く別の能力!


誤字脱字があっても、
チュン太の作文の文章自体はしっかり書けていた。
(私の親バカ分を差し引いても、良く書けていると思う)


日本の教育は読み書き計算重視で
できの悪いところに注目する。
間違いを正す事に重きをおく。

だから、文字を書くことに困難があると

国語が苦手

周りも本人もそう思いこんでしまうのかもしれない。

算数も同じような気がする。
掛け算の九九が暗記できないとか
単純計算が苦手だったりすると

算数が苦手

そう思い込んでしまっているかもしれない。

でも
九九を暗記する能力や
単純計算の能力と
数学的思考ができる能力は
全く別の能力!



チュン太の成長を振り返って本当にそう思う。

漢字が書けないとわかった1年生の時に
「オレはバカなんじゃ!」と泣いていた。
だけどチュン太は、なぜか習ってない漢字でも
スラスラと読めていた。
音読はできないのに長文読解はできるし
一般的にアスペルガーの子が苦手とされる
行間を読むこともできる。

掛け算の九九には本当に苦労した。
単純な計算問題には集中できないのに
文章問題、しかも難解な発展問題は
嬉しそうに取り組んでいた。
今年からそろばんを習い始めて
いくらか計算が早くなったが
基本的に単純な計算問題は嫌いなようだ。


表面的には苦手そうに見えても…
ムチャクチャ苦手な事があっても…
その苦手に覆い隠された才能があるかもしれない。


苦手は正面突破する努力をさせるよりも
得意な事から発展させて取り組ませる方が
本人にとっても自信につながると思う。

それぞれの子どもの認知特性や得手不得手に
合った方法を探すのは大変かもしれない。
でも、それもまた楽し!なのだ。


先生や保護者の方にお願いします。
苦手な事のかげに得意な事がかくれてるかもしれません。
ほんの少し、視点を変えみてください。
今まで見えなかった何かが見えるかもしれません。。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




















スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

22:58  |  兄ちゃんの事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/168-1b535b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。