2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.14 (Thu)

後悔先に立たず

ビンちゃんは去年の9月から学校へ行けなくなった。

それから1月後の10月に
学校内の「ふれあい」に通うようになった。

でも、勉強しないのに自由がないとか
勉強しない学校へ通う意味が分からないとか
不満を小出しにしていた。
でも、ちゃんと対応してやれなかった。

結果、今年の2月には「ふれあい」で
大パニックを起こして完全登校拒否になった。

4月、クラス替えがあって担任もかわった。
家庭訪問してくれたり手紙をくれたりして
ビンちゃんは7月から登校するようになった。

表面的には「普通」に何事もなかったかのように
登校していたのだけれど、、、
本当はしんどいのを我慢していた。

チャイムで授業を終わらせてくれない。
ノーチャイムデーは先生が時間を守ってくれない。
時間割の変更が多い。
先生の言葉が否定的だったり
抽象的だったりで理解できない。



まぁいろいろとあったようだけど、、、
一番びっくりしたのは

「理科の時間ですよ~でも、ちょっとだけ国語します」
先生は授業の始まりにそう言って変更を伝えてくれるのだが

その時間は国語だけで終わって理科がなくなってしまう。

「社会ですよ~でも、ちょっとだけ算数をします」

同じくその時間は算数だけで社会はなくなってしまう


もしもし?
これってアスペルガーの子どもには
一番しんどいパターンじゃないですか?

普通に変更だけでも、しんどいですよ。
でも「社会だけど算数に変更します」なら
ビンちゃんだって辛抱できます。

社会と思っていたら算数になって、
算数はちょっとだけと思っていたら
全部が算数になって社会が消えちゃった。

これは二重に心づもりを崩されるからきついです。


こういう事が毎日、毎日、繰り返されたのなら
ビンちゃんには「しんどいことしかない学校」に
なってしまっても仕方がないです。


なんか、、、、他にもいろいろあって、ありすぎて
私は校長先生に

「いやがらせですか?」

なんて言ってしまいました。


一つ一つは小さいことなのだけど
しんどいことばかりだったビンちゃんが
ずっと何も言わずに辛抱していた理由は

「お母さんに心配をかけたらいけない」


親は子どもが学校へ行っても心配だし
行けなくなっても心配だし
ハッキリ言って子どもの心配をするのは親の仕事。

でも、ビンちゃんが心配かけるまいと
いっぱいがんばって、いっぱい辛抱していたことに
能天気な私はまったく気が付いてやれなかった。

学校へ行けなくなるほどしんどい思いを
去年から何度もさせてしまった、、、、

もっと、早く気が付いてやればよかったのに
1人で抱え込んでいることに
気が付いてやればよかったのに、、、、
本当に後悔先に立たずとは、、、こういう事ですね。





唯一の救いはビンちゃんが
通級指導教室やデイサービス、SSTやOTなどを
楽しみにして通ってくれていることです。

●●小学校不信、〇〇先生不信にはなっているけど
学校と名のつくすべての場所に対して不信になってないし
先生と呼ばれるすべての人に対して不信になっていないこと。

10歳まではどんなことをしても、子どもを
守ってやろうと思って育ててきたのに
今はすごく残念な状況です。

これ以上、心の傷が深くならないように
見守ってやりたいと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

16:44  |  弟くんの事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

親は後悔することばかりですよね。
あの時こうしてあげればよかった。
あの時我慢しないで学校に言えばよかったと…

ビンちゃんみたいに会話が成立してしまう子供(アスペや軽度の発達障害の子は本当に誤解されやすい。理解してもらいにくい。

学校に伝えた事も先生方の勝手な思い込みや理解不足で余計混乱させてしまう事もしばしば。
私も自分の力不足に反省の毎日です。
エンジェルキャッチ |  2010.10.17(日) 13:25 | URL |  【編集】

●エンジェルキャッチさん

お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

>あの時我慢しないで学校に言えばよかったと…

私、教育委員会の先生にわめかず
学校に向かってわめけば良かったと後悔です。

> 学校に伝えた事も先生方の勝手な思い込みや理解不足で余計混乱させてしまう事もしばしば。
> 私も自分の力不足に反省の毎日です。

本当に…今回は「参った~」と思いました。
私ね、学校の先生の中には
『どうしても発達障害を理解できないLD』の方が
おられるんじゃないかと真剣に考えてしまいます。
だから、そういう先生には、逆にこちらからの
支援的対応で理解を求める必要があるかもしれないです。
後悔することたくさんあるけど…
お互い、親力をつけて行きたいですね。
絢未 |  2010.10.18(月) 22:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/184-7e42f1f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。