2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.25 (Fri)

ほんの少し、でも、成長してるよ 2

ビンちゃんがプチひきこもりから給食登校を始めたころ
私は『光とともに』の文庫版を買った。
何となく読めずにいた『光とともに』なのだが
文庫版が出版されていて、なぜかすごく読みたくなった。

光とともに… 1―自閉症児を抱えて (秋田文庫 65-1)光とともに… 1―自閉症児を抱えて (秋田文庫 65-1)
(2010/07/09)
戸部 けいこ

商品詳細を見る


みなさんご存知だと思いますが、光くんはカナータイプの自閉症。
光くんと家族の物語なのだけど、いろんな子どもたちが登場し
虐待や家庭不和やDVなどなど、子どもを取り巻くいろんな問題が
取り上げられた奥の深い作品だった。あっという間に文庫版を5巻まで購入。

つづきが読みたいけど文庫版で揃えたいので我慢していた。

マンガといえども、光くんが差別や偏見にさらされるシーンがあり
ビンちゃんやチュン太には、まだ見せたくないなと隠していた。
が、、ビンちゃんは目ざとく発見してしまった。

ビンちゃんとチュン太の「読ませろ!!」攻撃に私は言いました。

「これには障害を差別する人が出てくるから
 ショックなシーンもあるよ、読んで悲しくなるかもしれない。
 だから、もっと大きくなってから読んでほしいと思う」

※チュン太とビンちゃんには告知済みです。

それでも大丈夫だから読ませてと言い張るので
ビンちゃんとチュン太に私の方が根負けしてしまった。

文庫版を5巻まで読んだ兄弟は「つづきが読みたい!!」と
毎日、毎日、ほんとうにしつこかった。
ちょうど、その頃、自宅近くの書店に
どっさりまとめて『光とともに』が入荷されてて
本音を言うと私も読みたかったので……

はい、どっさりまとめて最後まで買いました。

光とともに 15―自閉症児を抱えて光とともに 15―自閉症児を抱えて
(2010/06/03)
戸部 けいこ

商品詳細を見る



子どもたちなりに色々な事を考えさせられたようだった。
当分の間、食卓では『光とともに』が話題の中心で
何かにつけて『光とともに』の登場人物の話になった。

マンガというのは、すごいなと思った。
登場人物のいろんな思いが目で見てわかるのだ。


人の気持ちを想像するのが難しかったり、
立場の違いなどが分かりにくいビンちゃんだが、
登場人物の一人、赤松先生の姿を見て何かを感じたようだ。

高学年になった光くんが在籍する特別支援学級を
担任するこの赤松先生は、若さも知識も熱意もあるのだが
理解や受容ができにくいタイプなのか、
我慢させることが大事!と残念な方向へ行ってしまう先生だった。

この赤松先生が担任になった時、特別支援学級には
LDの男の子とADHDとASDを併発していると思われる男の子が入ってくる。
まったくタイプの異なる子どもたちに先生は右往左往する。
先生の立場からの苛立ちとか苦悩とかも描かれていた。

けれども、そこに悪意があるわけではなくて
赤松先生なりの努力があるのだけれど上手くいかない。

でも、円形脱毛症になった光くんを見て、光くんのつらさをやっと
理解して子どもに寄り添う方向に変わっていくのだけど
また、残念な方向へ後戻りしてみたり、、、
先生も試行錯誤で行きつ戻りつしていた。


ビンちゃんのクラスには、支援が必要そうなお子さんが
ビンちゃん以外に3~4人いたのだ。
その子たちの同時多発的トラブルに
先生もいっぱいいっぱいだったのだろうと思う。
ビンちゃんが再不登校になった時は、怒りでいっぱいだったけど
先生は先生なりに、努力されていたのだと思う。

こんなことを私が言うと「先生をかばうな!!」と怒っていたビンちゃんが

「先生(担任)も赤松先生のように大変だったのかなぁ……」

ビンちゃんがポツリと言うとチュン太がツッコミ!

「そうで、その上、お前に気をつかわんといけんかったんじゃ!」

うっ、チュン太、それは事実だけど今のビンちゃんにはキツイぞ。。。
先生なんか大嫌い!の一点張りだったビンちゃんが
「先生も大変だったのかも?」と考えるようになっていた。
私には、それが何よりも嬉しく思えた。

不登校は良くないことかもしれないけれど
せかされてばかりの学校の集団では学べないことを
時間をかけてじっくりゆっくり学んで考える時間を得るために
ビンちゃんには必要だったのかもしれないと思う。

さらに先生にもいいところがあったんだと分かるまで
年単位の時間が必要かもしれないけれど
少しずつ、少しずつ、成長していると思う。

(つづく)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

10:00  |  弟くんの事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/201-bdcc1e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。