2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.06.12 (Wed)

ファイル ・ ちゅん太の葛藤

さてさて、明日の木曜日から、ちゅん太は初めての定期テストです。

イマイチやる気なさそうに見えるちゅん太ですが、
彼なりに努力はしていると……信じたい母であります。


先日、英語と国語でリングファイルの使用を許可してもらったちゅん太ですが、
先生に相談するまでの数日間、
ちゅん太には、いくらかの葛藤がありました。

本人にも何をためらっているのか、
わからなかったみたいです。

「何をためらってるん?何が心配なの?」

「オレにもわからん。。。」

「先生がダメって言うかも、って心配なの?」

「いや、それはないし、ダメならダメで仕方ないし。。」

「色々と配慮してもらってるのに、
さらにお願いするのが申し訳ないとか?」


「うーん、それもあるかなぁ。。。」

「プリントのファイルさえ出来ない子、と先生に思われるのが心配?」

「もう!!そんなことは考えてもなかった!!」

「ありゃ、ごめん、ごめん!」

「うーん、やっぱり、みんなと違うモノを使うことに、、抵抗を感じるなぁ」

「ふーん、そういう事が気になるのかぁ。。
わからんでもないけどさぁ。。。
母さんはグチャグチャのプリントで、あんたの評価が下がるのが心配。。。」


「母さんの心配はそこかよ??
オレの人間関係は心配じゃないわけ??」


「だって、もう、クラス全員が知ってるじゃん。
あんたがチョー不器用なこと(笑)」




こんな会話が続いていました。

そりゃぁ、思春期だし、周りの目も気になるお年頃ですもんね。
ちゅん太の心配もわからないわけではなかったのですが。。。

でも、クラスのみんなにはちゅん太に困難があることを伝えてもらってます。

チョー不器用のちゅん太には書字困難があって、
小さな文字を書くのがとっても大変だということ。
そのためにプリント類を拡大(例えばB4→A3、B5→A4)して使うこと。
ノートもマスや行間の大きいものを使うこと。

入学直後にクラス全員に、その旨を伝えてもらいました。
特別扱いではなくて、困難に対する配慮だと。

先生の話だけでは飲み込めなかった子は、
ちゅん太本人にストレートに聞いてきたそうです。

「何でプリントを拡大してもらってるん?」
「何で字が書けんの?」
「何でそんなに字が汚いん?」

※ホントに遠慮なく聞いてきたそうです(笑)

ちゅん太は一人一人に「生まれつきの不器用」とか
「原因はよくわかんない」と説明したそうです。

よくわからんけど、ちゅん太はチョー不器用らしい、
ということは、みんなに伝わっていると思います。
不公平だ!と言われることもありませんでした。
なので、今さらファイルごときで
ゴチャゴチャ言われることはないだろう、
私はそう考えてました。

ちゅん太も色々と悩んでいましたが、
何か言って来そうな人には説明済み!ということに
気がついて吹っ切れたみたいです。

それに、また何か言われたら、
同じことを説明すれば良いだけの話ですしね。


ちゅん太、すごーく緊張して先生に話したら、
即答でOKをもらえ、拍子抜けしたようです。

結局、みんなと違うファイルを使っても誰も何も言いませんでした。
良かった、良かった。


こうやって、これからも、
いろんな葛藤を乗り越えていけるといいね、と思うのでした。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
15:39  |  兄ちゃんの事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/272-5f82080a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |