2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.04.21 (Mon)

お友達プレッシャー

友達プレッシャーってない方が良いのでしょうね。

私は「みんなと仲良くできて、お友達がたくさんいる方が良い」と
子どものころから思い込んでいました。

発達障害のことがわかってから、
そうじゃなかったんだと思いました。

だから2人の子供に言いました。

「お友達がたくさんいてもいいし、少なくてもいいよ、
ぜんぜんいなくてもOKなんだよ」

「小学校でお友達になった人が一生涯の友達になることは滅多にないんだ」

「本当の友達に出会えるのは大人になってからかもしれないよ」

「いつか本当のお友達と出会えた時のために、
人付き合いの練習はしておいてもいいかもね」


小学校の間にがんばってお友達を作ろうとしなくてもいいんだよ、
そんなメッセージを伝えていました。


今、うちの兄弟にはそれなりに気の合うお友達ができています。
たくさんではないけれど、
時々、一緒に映画に行ったり、おたくショップに出かけたり、
なんとなく居心地のいいお友達。

うちの兄弟が口を揃えて言ってくれます。

「無理にお友達を作らなくてもいいんだよって
そういうふうに教えてもらったらすごく気持ちが楽になった」

プレッシャーをかけなくて
良かったんだなーって思います。

団体競技のスポーツチームとか、
いろいろな習い事があるけれど、
無理に集団の中に入れて友だち付き合いを
習得させようとしてしんどい目に合わせなくて良かったんだなって。


いろんな面で発達したことも関係していると思います。
週に一回の感覚統合のデイサービスで体が楽になったことも
通級指導教室でいろいろな個別の指導を受けたことも
療育のソーシャルスキルトレーニングも
子供たちを発達させてくれたと思います。

そういえば通級の先生も
体つくり視点の指導を取り入れておられます。


やっぱり、体つくりとか感覚統合とか
すごーく良いんだろうと思います。


私の個人的な考えですけど、
人付き合いの力は5歳遅れくらいで
ゆっくり発達するんじゃないかと。

焦らせず、口を出しすぎす、見放さず、
困った時はいつでも相談に乗るよ、
そういう姿勢でやっていきたいなぁと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村













スポンサーサイト
16:20  |  我が家の兄弟  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/281-5ed07a14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。