2017年03月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.11 (Tue)

不登校復帰後の夏休み

夏休みですね。
日本全国、猛暑ですね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

長らく、ほーちプレイのこのブログですが、
更新してるかな?と遊びにきてくださる方もおられたようで、ごめんなさい。
それから、ありがとうございます。

えっと、長男くんは昨年の秋から不登校になっておりました。
11月後半から一時的に復帰したものの、冬休み明けから再び不登校になりました。
その後、4月から別室登校を始め、徐々に教室で授業を受けるようになり、7月からは完全に復帰しました。

不登校の原因やら、その頃の詳細は今は、まだ書けません。
いずれ本人のOKがでたら、書いても良いかなと思います。


小学校時代の次男と今回の長男、兄弟2人の不登校で確信したのは、
「発達障害がある子の不登校は、ただ様子をみているだけではダメ!」ということです。
本人の状態をよく観察して、今が待つ時期なのか、なんらかの働きかけが必要なのか、見極めなきゃいけないと思います。
子どもをよく観察しなければ、本当に必要な支援、働きかけ、適切なかかわり(状態を見極めて待つ事も含む)は、わかりません。

安易に「様子を見ましょう」という人は責任を取ってくれるわけではないのです。
それが、どんなに立派な専門家の先生であったとしても。

それから、もう一つ。
周りの環境を整えるだけでは片手落ちです。
周りの不適切な対応や環境を改める必要はないと言っているのではありません。
周りの対応とともに、本人の発達を促すことも必要、両方必要なのです。
未学習なことを学習させ、誤学習していた事を修正しておかないと、一時的に復帰できても、環境が変わるたびに何度でも繰り返すと思います。


昨年からの出来事は、決して楽ちんではありませんでした。

でも、私たち家族は「良い経験をした」と考えています。
こうやって転んだり、立ち止まったりして、気がつくことや見えてくるものもあるからです。


これから、ボチボチ更新できたら良いなぁと思います。
では、また。


写真は兄ちゃんの修学旅行のお土産。
なせか今頃になって「お母さんにあげようと思って」と渡されました。
カバンの底で忘れ去られていただけだと思うのですが。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
08:25  |  兄ちゃんの事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●初めまして

こんにちは!2歳の息子がアスペルガーで、色々と勉強していて兼田さんの本に出会いました>_<それまでは、どんな風に息子に接していけばいいのか、全く分からず暗いトンネルにいるような感覚だったのですが、あの本に出会って目からウロコ!!!なるほど、と息子の考えていることが手に取るように分かりました!ありがとうございます(T ^ T)ブログもされてたんですね!!色々と参考にさせて下さい(*^^*)
すみれ |  2015.11.06(金) 10:10 | URL |  【編集】

●すみれさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
本も読んでくださって、ありがとうございます。
本の中の子どもたちは中学3年生と2年生になりました。
お子さんは2歳とのこと、育て方とか教え方には一手間かかりますが、それがまたアスペちゃん育ての美味しいところでもあると思います。
また、遊びに来てくださいませ。
あんまり更新してないのにナニですが(^^;;


ayami |  2015.11.26(木) 14:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/294-a0fb0970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。