2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.23 (Sun)

「レッドクリフ」兄ちゃんの感想

私は親ばかだ。
先にお断りしておこうと思う。



先日、レンタルDVDで『レッドクリフ』を観た。(こちら)

part1に続いてpart2!

この映画、戦闘シーンはけっこう強烈だったと思う。

「これが戦争なんだよね。
 人が人を殺すのが戦争なんだよね。
 これは2000年前も今も変わんない。」

私はつぶやいた、一緒に観ている兄ちゃんに言い聞かせるように。




DVD返却後は『レッドクリフ』の話題にふれる事がなかったが、
今朝、兄ちゃんと読書の事を話をしていた時。




私は正直に話した。

「登場人物が多いお話は先に映画を観ないとよくわかんないんだよ。
 『三国志』が読みたかったから『レッドクリフ』を借りてきたんよ。」

すると兄ちゃんが言った。

「そうなんじゃ~でも『レッドクリフ』は難しかったよ
 観ても、さっぱり、訳がわからんかったよ。
 でもね、いっこだけわかったよ。
 悪役はいなかったって事。
 曹操には孔明の方が敵で、孔明から見ると曹操が敵で、
 どっちも相手が敵なんよね。」

私はすごく驚いた。
兄ちゃんは「わからんかったよ。」と言うけれど、
そんな事を考えながら観ていたのか、
後から考えたのかは、わからないけど…
小学3年生・9歳の子供が、こんな事を考えていた。
驚きと共に、嬉しくもあった。

「そう、そうなんよ。
 戦争ってね、どっちにも正義があってね、
 自分と違う正義がある人を敵にしちゃう、
 お互いが相手を悪者にしちゃう事から始まるのね。
 そうやって、ずっと人間は戦争をしてきたのよ。」


『レッドクリフ』では、曹操があまり毒々しくなかった。
彼もまた一人の人間として描かれていたように思う。

それにしても、
朝ごはんを食べながら、親子でこういう話をするのは
チョット…変なのかもしれない。
でも、これが我が家流、これでいいのだ。


映画や読書では、いろいろと読みとることができても
現実に自分が渦中に放り込まれると
とたんに読みとれなくなるのが…ちと…悲しいとも思う。



追記

アスペルガーの子どもの知識を機械的な暗記の表面的なもので
薄っぺらいと語る支援者の方もいるが…

確かに、入口は丸暗記の知識かもしれないが
ずっと薄っぺらいままで何も考えてないわけではない。

成長とともに、優れた記憶力で蓄えた知識をもとにして
深く考えることだって出来るようになると思う。

もしもそうでないならば…成人のアスペルガーは
薄っぺらい知識で深く考えられない人間だという事になる。
色んな事に疑問を抱き(ふつうは見過ごされる事にでも)
深く考え答えを求めるアスペルガーの人はたくさんいると思う。




              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

              にほんブログ村

             ↑私の親バカぶりに免じて
              ポチッとクリックお願いします!


スポンサーサイト

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

17:38  |  兄ちゃんの事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/73-b856cf9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。