2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.15 (Thu)

セカンドオピニオン?

今日は、以前、私が精神科でお世話になっていた総合病院に行った。
私の診察ではなくて、子供たちの診察のためだ。

この総合病院には児童精神科ではなく
言語聴覚の分野から発達障害を診療してくれる先生がいるのだ。

大ぴっらに「発達障害診療します。」と公表してないみたいで
HPでは難聴とかそういう方面の診療してると書いてあった。

知人から聞いていたが、なかなか勇気が出せなかった。
その知人にどういう風に問い合わせたら
診察を受けれるか教えてもらって、病院に電話をかけた。

すでにアスペルガー症候群の診断を受けている事
長男は聴覚過敏がひどくて疲れやすく困っている事
次男は不登校になっている事などの事情を話すと受診可能との返事。
すぐに予約をいれてもらった。(そこは予約診療のみなのだ。)

初診料が高くなるので、どこかで紹介状をもらってきたほうがいいとの事だった。
それで、診断を受けた療育センターで紹介状を書いてもらった。


今日と来週でWISCをして来月はMRIを受ける。

子供がどういう脳の使い方をしているのか、
どういう刺激に弱いのか、その対策はどうしたらいいのか、
どういう方向からアプローチすれば学習効果が高くなるか、
そういう事を探っていきましょうという事だった。

先生は次男に「どうして学校が辛いのかわかるようにしようね。」
優しい言葉をかけてくれて、私まで嬉しかった。


結果を聞くの来月のMRIの後になる。
その時は、私一人で聞きに行く。子どもがいると気が散って聞けないから。

でもちゃんと聞けるか心配。
療育センターンの先生は紹介状に
私もアスペルガーなので配慮をお願いしますと書いてくれていた。
それで看護師さんに思い切って聞いてみた。

「結果説明を録音させてもらえませんか?」

理由は聞きながらメモを取るのがとても難しく
漢字を思い出せないため全部ひらがなでしか書けない事。
それでも、ポイントをつかめないために書き落としが多い事。
私は書くか聞くかのどちらかしかできない、
聞く事での理解力は読む事での理解と比べるとかなり劣る事。
だから、録音して聞きながらワードに入力して文字にして
ゆっくり読んで理解したい、大事な事だからしっかり理解したいと伝えた。

すると「書面で結果をお伝えしても難しいですか?」と聞かれた。

文字に書いてあったら大丈夫だと答えると

先生はいつも紙にポイントを書き出して説明をしているので
普段より詳しく書いてもらうようにお願いしましょうという事になった。


何というか、イヤそうな顔を全然しないで接してくれる看護師さんで
緊張と疲れと色んな思いが絡まりあって涙が出た。


「こういうの恥かしいですけど、子供の大事な事だから
 きちんと…聞き逃したくなくて…こういうお願いをしたんですけど…
 すみません、お手数をおかけします。よろしくお願いします。」

「大丈夫ですよ、お母さん。」

私の言う事を普通の事のように聞いてくれた看護師さん…嬉しかった。




子供の検査を待合で待っている間
以前の主治医がマイクで患者さんを呼ぶ声が聞こえていた。
きっと、一人一人の患者さんにじっくり向き合っておられるのだと思った。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

22:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

良かったですね。
良い先生や看護婦さんと巡り会えて。
この先子供達の成長と共に益々お医者さんの力は必要となってくると思うので、小さい頃から続けて診てくれる先生が居ると言うことは物凄く大きいと思います。
うちがそうですから。

ブログ読みながら涙が出てしまいました。
絢未さんも自分の困難と戦いながら子供達の為に一生懸命取り組もうとする姿勢に自分が恥ずかしくなりました。

私も逃げてばかりいないで出来ることを出来る限り頑張ろうと思いました。
ありがとう。
エンジェルキャッチ |  2009.10.16(金) 08:35 | URL |  【編集】

●Re: タイトルなし

エンジェルキャッチさん

コメントありがとうデス。

見た目より優しい先生でホッとしました。
発達障害の子どもに普段から接しておられるからかな
私が「難しいんです…」と言っても、
それが普通の事のような反応で嬉しかった。
ものすごく勇気を出して言ったんです。
だから気がゆるんじゃったのもあって涙が出ちゃいました。

努力だけでは埋められない事もありますからね…
出来る事は出来る精一杯に努力するけど、
出来ない事は上手に助けを求める。
開き直りじゃなくて、そういう生き方をしたいと思います。
絢未 |  2009.10.17(土) 14:34 | URL |  【編集】

やってくれるところを探すの、本当に難しいです。表にはまず出ないし、性同一性障害についても表に出ているところはないです。口コミ、関係者の情報でようやくたどり着くので、コミュニケーションをとることが難しい人たちには、厳しすぎるのではないかと感じます。疑問に感じて精神科に行っても、つないでもらえない場合もあります。間違った診断が続くと、それだけで参ってしまう場合も。
診断が出ることは意味ありますが、特定のものにきっちりと分類できない場合、特性とかを評価してどういう状態というのを見ていくのが、適切な対応につながっていきます。
診断を鵜呑みにするなとよく言われました。

私も今、得意苦手は何かということが中心で診断へ進んでいる途中です。診断でできることは限られているので、評価の解釈と生かし方が今後の対応に影響します。

要点でも書面で伝えてもらえると後で見直しやすいので、その場以上に途中で(行き詰ったときとか)振り返るときに役に立つかも。得意苦手だけではなくて、用途に応じて伝え方が使い分けてもらえると、コミュニケーションがよくなると感じます。
aki |  2009.10.19(月) 15:32 | URL |  【編集】

●Re: タイトルなし

akiさん

コメントありがとう。

akiさんもいろいろ努力しておられるのですね。
情報収集ってアンテナをピンと立ててないと、キャッチ出来ないですよね。
自然にやってくるものではないから、たどりつくまでが大変ですね。

> 要点でも書面で伝えてもらえると後で見直しやすいので、その場以上に途中で(行き詰ったときとか)振り返るときに役に立つかも。

そう、そうなんですよ~特に私はパッと理解できなくて、
後から後から現実と照らし合わせて、ゆっくり理解していくタイプなので
書面で頂けるのは、本当にありがたいです。

今回、お世話になっているのは子供専門の先生なのだけど
私も診てもらいたい!!!気持ちでいっぱいです。
発達障害は一般に精神科が診療してくれるけど
メンタル面のフォローが中心、感覚器系の事をもっと知りたいです。
絢未 |  2009.10.20(火) 17:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/95-9b165e33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。