2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.10.31 (Sat)

理解者

理解してくれる人は一人でもいい。

理解者は多い方がいいけれど…



理解してくれる人が一人もいないのと

理解してくれる人が一人だけでもいてくれるのでは

天国と地獄くらいの違いがある。





わたしは…我が子にできるだけつらい経験をさせたくない。

幼いころのつらい記憶ほど忘れられなくなるから…

大人になってからもつらい事はあったけど

子どもの時の記憶の方が鮮明によみがえる。

フラッシュバックの原因になる事は少しでも減らしてやりたい。

そんな私を過保護だと言う人がいる。

でも、その人はフラッシュバックの辛さを知らない。



木に例えるなら…

しっかり根を張って自力で立てるようになるまでは

どんな事をしてでも守ってやりたいと思う。

自力で嵐にでも耐えられるように

今は大事に育てたいと思う。




もしも、生まれる前に戻ってやり直せるのなら

またアスペルガーに生まれてきたい。

ありのままの私を愛してくれる両親のもとに

アスペルガーで生まれてきたい。

スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

21:52  |  ひとりごと  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●フラッシュバックはきつすぎです

私にはフラッシュバックさえなければすごい能力になっていると思えるものがたくさんあるので、そうなる原因は作らないようにしておいたほうがいいと思います。
子どもが自分で気づいたとき、しっかりと動けるように準備してあげるくらいしかできることはないです。
私が今、何もできなくしまっているのは以前からのフラッシュバックや肯定的な経験が全くないこと。大学で技術を身につけるときにパワハラやストーカー行為などを受けて、訴えたにも関わらず放置されたことです。さらに技術を使う対象を親に差別されて、二度と使いたくないと思うようになってしまいました。
この技術がこれからの鍵になることで、発達障害への対処なども含んでいるのですごく苦しいです。もし、ちゃんと技術を受け入れることができたら、きっと変わっていたと思います。
勉強ができなくなったのは、過去に勉強しようとしたときに親に否定され、隣で暴力を振るわれていたのを思い出すから。やればやるほど成績は上がっても、苦しみは増して、心を破壊していく。
他の人に訓練をするときも、その人がよくなればよくなるほど、自分は助からないというのが増して苦しんでいく。
自分を助けるための技術も同系統であるため、使えば使うほど悲しくなって、うまくいっても何もよくならない。寂しさと悲しみが残るだけ。

今年の4月までは誰もわかってくれなくて死ぬことしか頭になかった。発達障害がわかっても、まだおかしい。その中で交流していって性同一性障害を思い出して、何とかするかと思って動いて、わかってくれる人に会えた。少しだけ世界が広がった。それでも難しい2つの組み合わせ、積み重ねすぎた否定的な経験が多すぎて一緒にいる感覚がつかめないといったものが残っています。
理解者はすぐ近くにいて、同じような人がすぐ近くにいることがわかっても、うまくかかわりを持つことができない。それでも今までより対人関係はよくなった。少しだけ心が戻った。

理解者はいつ現れるかわからないです。その人と会うときのために、せめて対人恐怖と自信喪失だけは避けるようにしてあげたいです。
aki |  2009.10.31(土) 22:29 | URL |  【編集】

●重い言葉です

絢未さん、こんばんは。
深くて重い言葉ですね。
今、頭が整理が出来ない状態ですが
衝動的にコメントが書きたくて。
感動とか、そんな言葉では済ませられない
とっても熱い気持ちを頂きました。

私も以前 またアスペルガーとして
生まれてきたいと思っていましたが
今は、そうは思えないのです。
今の自分を誇りに思いますが
またアスペとして生まれてきたくない!って
思うのは、矛盾していますね....

絢未さんの母としての愛情が眩しいです。
素敵な記事をありがとうございます。
すみれ |  2009.11.01(日) 00:29 | URL |  【編集】

●講演会聞きました

昨日は女性教育センターにて貴重なお話をありがとうございました。
学校の先生から聞いてはじめての参加ですごくいい話が聞けたと思っております。
残念ながらアンケートを書けずに急いで家に帰らなくてはならない事情(留守の息子がパニックを起こしてしまいまして・・・お昼抜き状態になったもので・・・)が出来てしまったものでこちらにコメントさせていただきました。
「困っているように見えない困っている子」
その言葉に診断のある長男より未診断の何かと心を開いてくれない保育所では良い子の次男が気になりました。
早期に理解してやるべく、行動を起こしていこうと思えることが出来き本当によかったです。
そしてこの貴重な話を母とも聞くことができ、すごくうれしかったです。
子供のたった一人の理解者になれるように頑張って楽しい毎日を過ごしていきたいと思います。
クローバーの会、すごく興味をもちましたのでまたいつかお会いすることがあるかもですが、少しずつ声をかけさせて下さいね☆
トム。。。 |  2009.11.01(日) 06:57 | URL |  【編集】

●私も同じ思いでいます。

私も同じ思いでいます。
過保護に思われているのも、同じです。
学校の先生などモンペと思っていますね?
私はフラッシュバックで、勉強ができなくり成績が落ちました。
みなさん、やはり、同じような苦労をされているのですね?
maple |  2009.11.01(日) 09:45 | URL |  【編集】

●当事者として賛同します

初めてコメントさせていただきます。

アスペルガーの人はすばらしい才能を持つ方が多いのに、
過去の心ない一言や心の傷で
それを封印してしまっている方が多い印象を受けます。

私も(特別な才能でもないかもしれませんが)
自分の長所を過去の傷によって
上手に生かせずにいます。

「過保護」と「補助」の区別は難しいかもしれませんが
絢未さんのされていることはすばらしいと思います。
きのこる |  2009.11.01(日) 20:43 | URL |  【編集】

●Re: フラッシュバックはきつすぎです

akiさん

いっぱい、いっぱい、つらい経験されてきたんですね。
私も子どもの頃の思い出ってつらい事しかないから
何も思い出したくないです。消しゴムで消したいくらいデス。

> 理解者はいつ現れるかわからないです。
その人と会うときのために、せめて対人恐怖と
自信喪失だけは避けるようにしてあげたいです。

そうですね。理解してくれる人が手を差し伸べてくれた時に
振り払って逃げ出したりしないように大事に育ててやりたいです。

絢未 |  2009.11.02(月) 19:29 | URL |  【編集】

●Re: 重い言葉です

すみれさん

こんばんは。
私はたった一人の理解者に救われたんです。
もう、会えないけれど…
その出会いがなければ、今の私はいないと思います。

子どもがかわいくて愛おしくてたまらないんです。←親バカです。
でも、同じくらいに愛されてみたかったなって思います。
私がまたアスペルガーに生まれてきたいのは
多分、両親から素の私をOKと言ってもらいたいからだと思います。

それから、自信を持ってオタクな人生を歩みたかったのもあります。
最近は「変わってるよね~」と言われると嬉しかったりして…
これは、抗うつ剤がおおいに影響しているような気がします。
絢未 |  2009.11.02(月) 19:49 | URL |  【編集】

●Re: 講演会聞きました

トム。。。さん

拙い話を聞いて下さりありがとうございます。
予定時間をオーバーしたので…ごめんなさい。

早い時期に対応してもらえると二次障害が出にくいそうです。
お父さん、お母さんに、受け入れてもらえるのが
お子さんに一番幸せな事だと思います。
お子さんの特徴を楽しめるようになれたらいいですね。
絢未 |  2009.11.02(月) 19:57 | URL |  【編集】

●Re: 私も同じ思いでいます。

mapleさん

わからない人には過保護に思えるのでしょうね。
でも、子どもに同じような思いはさせたくないです。
少しずつでも理解が広まって欲しいですね。
絢未 |  2009.11.02(月) 20:01 | URL |  【編集】

●Re: 当事者として賛同します

きのこるさん

はじめまして。コメントありがとうデス。

> 自分の長所を過去の傷によって
> 上手に生かせずにいます。

自分に長所がある事にすら気付かないでいました。
残念だったなって思います。

> 「過保護」と「補助」の区別は難しいかもしれませんが

過保護にならず、でも必要な手立てはしてやりたい…
バランスが難しいなって思います。
自分を大好きって思える人に育ってほしいです。
絢未 |  2009.11.02(月) 20:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ayami52.blog72.fc2.com/tb.php/96-5f0e10e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |